Blog /ブログ

安全保障は戦時だけではない

2011.
04.24

シビリアンとミリタリーの絶妙なコントロールがバランスして統治を頑丈なもの
とし、国家安泰を継続させた例としては古代ローマが代表的だが、そこまで長期
でなくとも安泰を維持するためには両者のバランスは不可欠だ。

ミリタリーコントロールの存在しない今の日本では、外敵だけでなく国内に存在
する脅威に対しても抑止力が効かなくなっているのではないか。というか脅威に
気付かなくなってしまっているのではないだろうか。

国の大事に至るかもしれないリスクを徹底的に分析し、マネジメントする能力を
常日頃から鍛えられているのがミリタリーだ。これが存在しない日本は、本来別
の主体が相当の努力と時間をもってリスクマネジメント能力を育ててこなければ
ならなかったはずである。

未曾有の大地震に大津波。
想定外という言葉が行き交うが、地震大国日本であり、海に囲まれているという
事実は紛れもなく、故に女川は三陸沖の度重なる津波経験からそれなりの「最悪
のケース」を「想定」し、コストは嵩んでも高所の設置を選んだことが今回の被
災が甚大にならずにすんだ、という話はニュースでも頻繁に伝えられている。

大震災が天災であることは勿論だが、大震災時に必ずや問題となる原発事故は人
災である。

記憶に新しい新潟県中越沖地震の際の柏崎原発事故でも「原子炉などの心臓部に
直結する設備の強度は最高のAクラスで地震に耐えられるものの、いざ被災後に
働くために用意されていたはずの「壊れたクレーン」や「燃えてしまった変圧器」
などの二次的な設備はBクラスやCクラスで、大地震の際には壊れても仕方がな
い」と言われている。
これらの調達が徹底したセキュリティ管理の下に行われていないのは明白で、今
回の東日本大震災でも、福島原発では動力コストを鑑みた設置高位が全ての元凶
だったと言える。

「TSUNAMI」は日本語から英語にそのまま利用されるワードであることはよく知
られているが、そのくらい甚大な津波被害が多発する日本なのである。想定外は
言い訳にならない。

柏崎原発事故時の反省の言には「安全上、設計思想そのものを見直さなければな
らない」とあったが、設計思想の問題ではないと思う。
「国家の安全を揺るがすエネルギー問題」として、国の安全保障思想を抜本的に
変えるべきだ。

ミリタリーが「戦争反対」だけで片付けられない問題であることを、賢い日本国
民には是非とも理解して欲しいと思うが、軍事力を持つか持たないかの議論はか
なりの時間を費やすことは目に見えているから、今の日本では現実的ではないと
して。。。

せめて「エネルギー省」を設立し、エネルギー問題を一元的に統括する必要があ
る。

日本だけでなく、今時代の全世界のエネルギー源は往々にして危険がつきものだ。
原発だけではない。火力発電所だって天然ガスパイプラインだって、常に事故の
危険性と裏腹だし、事故が起これば影響は少なくは済まされない。
派生的なリスクとしても、先の尖閣諸島の体当たり事件だって、もとを正せば
当地の潜在エネルギーへの食指が原因だ。

そのような中、原発一つとっても、その関連法令すら複数省庁が曖昧に管轄して
いる日本。供給、需要、セキュリティ、保障、、、etc、バラバラに権限を持っ
ている。今回の原発事故の保障問題でも文科省が管轄となっていることをご存じ
だろうか?なぜ?といぶかしくなる人は少なくないと思う。

エネルギーに関わるすべてのリスクを、絶大なるマネジメント力の下に集結する
べき時だ。

久々に恩師と会った。私が環境問題を仕事にするきっかけ、というか絶大なる影
響を私に与えた恩師。

第一次大戦時の仏首相・クレマンソーの「戦争は将軍に任せておくには重大すぎ
る」という言葉を彼は好む。

「原発はエンジニアだけに任せておくには重大すぎる」のはもはや自明。

ミリタリーコントロールとまでは言えなくとも、シビリアンの能力は高次に育ま
れてきていると思いたい日本の、「エネルギーマネジメント」にはもっと多くの
権限を集結させるべきである。

国家の安全保障は戦時だけのことではないのである。


鈴木敦子 ■admin ■comments (0)

さと・あこ復興プロジェクトへの協力

2011.
04.18

先週からスタートしている、被災地支援活動第二弾では、
個別避難所からのリクエストに応じたきめ細やかな物資提供を考えて進めてきま
したが、各避難所でのニーズが日一日と変化するためタイムリーな対応に苦慮し
ていました。

そこで、宮城県大崎市の NPO法人田んぼが展開中の「さと・あこ復興プロジェク
」 にニーズの集約を一括委託し、本プロジェクトではこれらのニーズ収集チー
ムから送られてくる情報に応じて募集資金を利用させていただくこととします。

「さと・あこ復興プロジェクト」は地元小学生の青柳さとちゃん(9歳)と山村亜
子ちゃん(9歳)が立ち上げた、被災地支援プロジェクト。

宮城県大崎市では我々のPresentTreeも調整中でしたが、この震災でいつ開始で
きるかはまったく目処が立たなくなりました。

まずは大崎市民達が進める復興プロジェクトの支援を進めようと思います。被災地に早く緑が戻るよう念じつつ。

支援実績報告等詳細はこちら


鈴木敦子 ■admin ■comments (0)

カリフォルニア州パワーパクトプログラム

2011.
04.11

NTTファシリティーズのソーラープロジェクト本部の方と面談、興味深い話を聞
いた。

電力ピーク警報のこと。
カリフォルニア州では、Power-pactプログラムという、いわば電力ピーク警報の
ような仕組みが浸透していて、発電キャパのリミットに近づくと電力会社からユー
ザーにその旨一斉通知されるという。

パワーパクトプログラム

Power-Pact

電力危機を体験しているユーザーたちは、この通知が届くと真剣に省エネを実施、
効果は非常に大きくて20%削減くらいは達成できるとのこと。

人は「思いついて5分以内」で行動の有無が決まると言うから、切羽詰まったリ
ミット情報がタイムリーに届けられるというのは相当効果があると思う。
タイムリーな警報と同時に、効果ある適切な節電手段情報が流れるとなお良い。
夏の電力不足期に向け、是非東京でも導入して欲しい代物。

今一つびっくりしたのが、
「太陽光発電の自立運転が使われていない」ということ。
停電時用の専用コンセントがあることは知っていても、自立運転への切り替え方
法が分からない人が圧倒的多数だという。

せっかく太陽光発電しているなら、そのメリットを存分に享受してほしいところ。
こんな手引きもあるので、しっかり確認しておくべきだ。
http://www.greenenergy.jp/guide/2011jiristu01.html


鈴木敦子 ■admin ■comments (0)

被災地支援活動第二弾

2011.
04.06

先にご案内しておりました、http://suzukiatsuko.com/archives/205の義捐活動
については、お陰様をもちまして多くのご協力をいただき、ひとまずその役割を
終えることができました。

これら二件の活動は、4月8日(金)をもちましてひとまず終了とさせていただき
ます。震災より約1か月間、ご協力をいただきありがとうございました。
(この活動に関する報告は4月10日以降に本ページならびに
http://www.facebook.com/kyukanchoにて、ご報告いたします。)

なお、引き続き義捐金は募集させていただき、当NPOに届いている被災地避難所
からの義捐物資送付リクエストにある物資購入・配送に活用させていただきます
ので、継続ご支援をお願いいたします。

●いただいている物資リクエスト●
東日本大震災 RQ市民災害救援センター・くりこま高原支援学校 鱒渕小学校配送センター
より」

足りないもの、いらないものリスト(最新版)

足りないものリスト

1 単一電池
2 電気ランタン
3 ラジオ
4 男性普段着(トレーナーなど)
5 男性下着(パンツ)
6 女性下着(ブラ・パンツ)
7 男女靴下
8 炊事用ゴム手袋
9 調味料
10 野菜
11 米
12 大人用オムツ(テープタイプ)
13 大人用男女長靴
14 スリッパ・サンダル
15 台所洗剤
16 漫画
17 子供用参考書
18 用事用具(ほうき・ちりとり)
19 缶詰
20 爪切り
21 パンティーライナー
22 男女ズボン
23 車イス
24 手押し車
25 折りたたみ自転車
26 ガソリン
27 ガソリンタンク(携行タンク)
28 軽油
29 灯油
30 長靴
31 ゴム手袋
32 作業カッパ
33 つなぎの作業服(大きめ)←服の上から着るため
34 鏡
35 作業ナイフ
36 漁師が働くことができる用具
37 洗濯機
38 発電機
39 魔法瓶
40 チャッカマン
41 原付バイク(スクーター・カブなど)

いらないものリスト

1 マフラー・ショール・ネックウォーマ
2 子供用紙オムツ
3 スキーウェア
4 子供用長靴
5 フェイスタオル
6 ハンカチ・ハンドタオル
7 マスク
8 カイロ


鈴木敦子 ■admin ■comments (1)

下水処理施設負担軽減アイディア募集

2011.
04.04

宮城県環境生活部からのSOSです。是非アイディアお寄せください。

===以下抜粋===
被災後、ようやくいろいろな機能が動き出し、次は災害復旧に向けた対策を考え
なければならない段階に来ています。

報道等でも最近取り上げられてきていますが、県の下水処理施設が大きな打撃を
受け、排水処理が困難な状況にあります。
http://www.pref.miyagi.jp/gesui/70_saigai/75_H23_3_11jisin.html

今後ガスが復旧し、お風呂も含め生活機能が回復すると、処理施設への負荷は
益々大きくなりますので、節水等、生活の中でできることをまとめて被災地周縁
の皆様にご協力を訴えることが必要と考えます。

つきましては、節水につながるアイディアや技術のご提案等あればお願いしたく、
メールいたしました。

===抜粋ココまで===


鈴木敦子 ■admin ■comments (0)

被災動物救護支援活動

2011.
04.03

北関東・東北大震災ではペットも被災している。

ペット人口急増中の日本では深刻な問題で、阪神淡路大震災の時には行く末を案
ずるがゆえ命だけでも助かって欲しいと、わざと逃がす飼い主が多く、結果、捕
獲されやむを得ず殺処分されたペットたちも少なくなかったという。

避難所には同伴できないため、被災した自宅につながれたままのペットも多い。

いろいろな支援団体が義捐活動を実施中なので、ご紹介する。

http://www.jpc.or.jp/saigai/

http://ivma.jp/update/pdf/oshirase_shinsai110317-2.pdf

http://www.svma.or.jp/

http://www.yaseisha.com/saigai/saigai.html

http://www.arkbark.net/?q=ja/node/2902

http://ameblo.jp/savethepet/

http://a-cube-sendai.sblo.jp/category/1118147-1.html

https://seo.lin.gr.jp/nichiju/suf/news/2011/20110401_01.pdf

http://sf-japan.ocnk.net/page/27

http://www.onebrand.jp/onelovebokin.php


鈴木敦子 ■admin ■comments (0)